#FalettinSouls s2e13

Open in Spotify

1. KC & The Sunshine Band. That’s ‘he Way(I Like It). 1975.
2. The Crusaders. Spiral. 1976.
3. Zapp. More Bounce to the Ounce. 1980.
4. Amy Winehouse. Tears Dry On Their Own. 2006.
5. Little Beaver. I Can Dig It Baby. 1974.
6. 田所あずさ. Visual Vampire. 2020.

【日曜】

1日早いですがもうプレイリスト固まったので出してしまいます。月曜お忙しい方は今晩聴いて元気出してください。

【火曜日】

昨日やる気が出なかった(というか昨日は何もかもズタボロで各方面に迷惑をかけた)ので、いま最低限の #FalettinSouls s2e13解説をします……

1. KC & The Sunshine Band. That’s ‘he Way(I Like It). 1975.

いまの30-50代でゲームセンターに通っていたひとは、この曲をDance Dance Revolution で聴いたこともあったのではないでしょうか。ディスコ時代のファンクサウンドを代表するバンドですね。

2. The Crusaders. Spiral. 1976.

ザ・クルセイダーズは、まずジャズ・クルセイダーズとして1960sからジャズバンドとして活躍していましたが、1970sに入ってジャズフュージョンの流行にいち早く乗っかり(というか嚆矢となり)、ファンキーなジャズサウンドを次々打ち出しました。エレクトリック・マイルス、ハービー・ハンコック、チック・コリアそしてザ・クルセイダーズって感じですよね、ファンキーやジャズフュージョン黎明期の鉄板。

3. Zapp. More Bounce to the Ounce. 1980.

Zappおよびロジャー・トラウトマン(とその兄弟)は、P-FUNK軍団と関わりを持ちながら、ディスコ全盛期にディスコブームに乗らずに独自のファンクマナーを大事にしたバンドです。1999年にロジャーが弟に射殺されてバンドとしては一度崩壊してしまいますが……

確か、ロジャーとラリーがいなくなった後もZapp名義での演奏やコラボは21世紀に続いてるんですよね。そのZappの音源もじっくり聴きたいですよね。これは全盛期のトークボックス使いまくりZapp音源でした。

4. Amy Winehouse. Tears Dry On Their Own. 2006.

エイミー・ワインハウスはイギリスのシンガーソングライターで、女性ソウルシンガーとして圧倒的な存在感を放っていた人物です。ところが2011年までに度重なる薬物中毒が祟り、ウォッカ2瓶煽っての急性アル中自殺、帰らぬ人となりました。

スキャンダラスな話はたくさん出てきますが、とにかく2000年代のポスト・ネオソウルの文脈にいながら、1950-60sのクラシックソウル黄金期を思わせるどっしりとした声質と声量が今もなお圧倒させられます。どうしてソウルシンガー、夭折する人ばかりなのか……自分が大学院にいた頃にエイミー死んでたよ。

5. Little Beaver. I Can Dig It Baby. 1974.

ちなみに先週に引き続き、ピーター・バラカン『魂のゆくえ』2019年版の読解結果から曲を選んでおりますが(あっちは400曲だが俺が選ぶのはそこから6曲ずつだ、指向性が違うぜ)、その中でも「おっこれは」と思ったものです。リトル・ビーバーは渾名ですね。

本名はWillie George Hale です。出っ歯が愛嬌があるということでリトル・ビーバーないしウィリー・ビーバーと呼ばれることが多いということ。70sギターファンクとしてこれは指折りの出来ですよ、すーばらしー。聴き込みます。

ちなみにこの音源が、のちにWeather Reportやソロ活動で伝説の人となるマイアミ出身のベーシスト、ジャコ・パストリアスの初音源となります。[1]大友良英のNHK-FM『ジャズ・トゥナイト』2021-07-23(SAT) ジャコ・パストリアス特集回でも掛かっていました。この#FalettinSouls … Continue reading

6. 田所あずさ. Visual Vampire. 2020.

最後に日本の曲を。一聴してJ-POPなんですが、所々にR&B的なアプローチがありおもしろいと思った曲です。歌ってるのは声優の田所あずささん(全然わからん)、作編曲は堀江晶太さん[2]堀江晶太・kemu速報. 2020.【田所あずさ×大木貢祐×堀江晶太】1113日ぶりの作曲での提供!?新曲「Visual Vampire」を作編曲!. … Continue reading。Penguin ResearchというボカロP含む音楽集団に所属。

だいぶ前に亜咲花「SHINY DAYS」がJackson5的なモータウンサウンドを使ってるという話をしましたが、この曲も音作りがあのへんの棚に近いなと思いました。

おすすめは2番入ってのベースですね。全体的には8ビートで刻んでるんですが、2番入ってサビ手前まで下からズドズド突き上げる遊びをしている。このへんは作編曲者の趣味を感じました。

以上、#FalettinSouls s2e13をお送りしました。プレイリスト出したのが日曜、解説が火曜という変則でしたね。今週も特集はなし! 心の余裕がなければ音楽はdigれませんね〜。

脚注一覧

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です