#FalettinSouls s2e16

Open in Spotify

1. Ritual. Sore Lip. 2010.
2. 浦上想起. 甘美な逃亡. 2021.
3. Kroi. Balmy Life. 2021.
4. Cleo Sol. Rose in the Dark. 2020.
5. 郷ひろみ. Lonely Dancer. 1981.
6. Stuf. (Do You) Want Some of This. 1976.

【2021-08-17】

FalettinSouls s2e16の解説するよー。

1. Ritual. Sore Lip. 2010.

1980s英国のポストバンクバンドです。このRitualの一部はThe (Death) Cult というパンクバンドのコアメンバーになりました。儀式からカルトに先鋭化してんじゃん。さすがパンクの本場だな。先日のブリットファンク&マッドチェスター文脈でお聴きください。

2. 浦上想起. 甘美な逃亡. 2021.

才能迸る宅録&多重録音シンガーソングライターとして2019年から今年までの間に急速に注目されている(らしい)ウラカミソウキさんです。実はこの曲が初遭遇だったんですが、使ってる音源にファンク的ワウギターがありますね。それでいてメルヘンな纏め方。変で面白い。

日本の音楽の中では今一番素でVulfpeck系プロジェクトのやってること(いわゆる本邦で言うところの「ミニマルファンク」)に近い音源のひとつなのではないかしら。一曲だけインスパイアとかでなくて。ただ音数は多いのでミニマルの定義からは外れますね。星野源と同じく盛りもり。

3. Kroi. Balmy Life. 2021.

ブラックミュージックに憧れて「黒い」を冠したという、5人組のミクスチャバンド。ヒップホップを演れるけどR&Bもブラックロックも全部入りで邦楽シーンやったるぜ〜、という気合いと実力を激らせている感じで、好きです。

4. Cleo Sol. Rose in the Dark. 2020.

以前特集で紹介した(s2eX04)匿名ネオソウル集団Saultの主要3人物の一人ではないかと言われているCleo Sol から一曲です。文脈も2010s UKネオソウルの延長にありますね。

5. 郷ひろみ. Lonely Dancer. 1981.

今月1日に555曲(GOGOGO!のもじり)をサブスク解禁した郷ひろみの曲を先々週に聴きまくっていた結果、eXtra回に郷ひろみの6曲を立てることになったのですが、これは選に漏れた7曲目です。これが選外になる6曲とは!? という感じじゃないですか?

1980年代の、米国ミュージシャンと関わったり、自ら(結婚したパートナーの都合もあって)渡米したりした時代の郷ひろみは、自身の主導権がどこまであったかはさておき、ファンク&ソウル的に注目しがいのある音源がたくさんありますね。今週後半にその話をするつもりです。[1]s2eX08: 郷ひろみ特集は右のURL参照。https://falettinsouls.info/20210820_s2ex08/

6. Stuff. (Do You) Want Some of This. 1976.

Stuffは1960-70sにかけて活躍した実力派のジャズフュージョンバンドです。
Gordon Edwards (bs.)
Richard Tee (kb.)
Eric Gale (gt.)
Cornell Dupree (gt.)
Chris Parker (dr.)
Steve Gadd (dr.)※後期加入
という面子です。

特にコーネル・デュプリーは、ダニー・ハザウェイ『Live』にも出演してるなど、ソウル史的に重要な役回りをこなしていますね。彼が1960-70sの間、アトランティック・レコードのバックバンドとして雇用されていたことが関わってます。Stuffの前身はEncyclopedia of Soul, 解散後の後継はGadd Gangです。

聞き返してたら後半の鍵盤ソロが最高〜。Stuffぜひ聴いてください。

さて木曜か金曜は郷ひろみについて語ります。ミネアポリスファンクと比較したりするよ。お楽しみに。

脚注一覧

脚注一覧
1s2eX08: 郷ひろみ特集は右のURL参照。https://falettinsouls.info/20210820_s2ex08/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です