#FalettinSouls 2021-02-10 Re:

Open in Spotify

  1. KIRINJI and YonYon. killer tune kills me. 2019.
  2. Sweet Charles. I Like It Like That. 1974.
  3. 中島愛. 窓際のジェラシー. 2021.
  4. Tony! Toni! Toné!. My Ex-Girlfriend. 1993.
  5. Eric Benét. Spiritual Thang. 1996.
  6. D’angelo. She’s Always In My Hair. 2008.

【朝】

おはようございます。昨晩は体調よくなかったですが軽く泡銭ぶっこんで持ち直しました。今日は番組で登場済ミュージシャンだけで6曲構成する水曜日、解説も楽できますので養生させてもらいます。明日は祝日でもやるけど。#FalettinSouls

【昼】

きょうは夕方に不調になってそうな気がするので水曜日 #FalettinSouls もう軽めに語ってしまいます。

01. KIRINJI and YonYon. killer tune kills me. 2019.

キリンジは紹介しましたがYonYonは初登場(水曜日に紹介しなくてよかったのでは?)(いい曲だからいいんだよ)。韓国と日本の両方にルーツを持つ新進のシンガーソングライターですね。
YonYon タワレコ紹介 [1]https://tower.jp/artist/2711013/YonYon
2018年の朝日新聞記事におけるインタビュー[2]宮崎敬太・朝日新聞&M. 2018. 20代ミュージシャンが語る“譲れない価値観” ソウル生まれ東京育ち … Continue reading

02. Sweet Charles. I Like It Like That. 1974.

ベーシスト・スウィートチャールズさんからもう一曲。この曲はギターのクチャ……クチャ……というカッティングもいいですね……。

03. 中島愛. 窓際のジェラシー. 2021.

今週月曜に紹介したばかりの中島愛最新アルバムからもう一曲。この曲、全体的にボカロのダブルミリオン再生ぽいなと思ってました。作曲はRAM RIDER さん。ボカロもやってるけどボカロ以外も手広く色々作ってきたひとみたいですね。

04. Tony! Toni! Toné!. My Ex-Girlfriend. 1993.

ネオソウル特集を先週後半にしましたが、トニトニトニも「ネオソウルの先ぶれ」として捉える場合もどうもあるようです。NJSとネオソウルの狭間の時代を生きたトニトニトニ、評価が難しい。
ところでこの曲の3:03、「うふふにゃーにゃー、うふにゃーにゃー」と歌ってるようなコーラスがありますが、これSly & The Family Stone “Dance to the Music” の間奏に入るフレーズとメロが同じですね。「イェーイェーイェーイェー」がなかったからさっきまで気づかなかった。

05. Eric Benét. Spiritual Thang. 1996.

エリック・ベネイもネオソウル特集前に紹介済。この頃にはもうディアンジェロがデビューしてたので、エリックもネオソウルの潮流で語られる場合もあります。でもエリックはヨリ「ピン芸能人」感ありますね、なぜだか。

06. D’angelo. She’s Always In My Hair. 2008.

先週単独特集をしたディアンジェロから、同名のプリンスの名曲カヴァーを。ディアンジェロがプリンス大好きなのは周知の事実ですが、オリジナル曲で殿下に寄せた曲よりこのアレンジみたいなのが自分は好きだな。
今日はいつもの夕方ではなく昼に終わらせてしまいました。私は午後も仕事頑張りますが、とりあえず聴いてね〜。
参考: 殿下の原曲(Spotifyリンク)

脚注一覧

1 https://tower.jp/artist/2711013/YonYon
2 宮崎敬太・朝日新聞&M. 2018. 20代ミュージシャンが語る“譲れない価値観” ソウル生まれ東京育ち 新世代の音楽クリエーターYonYonの時代を変える挑戦. ( https://www.asahi.com/and_M/20180518/152709/ 2021-02-15 取得)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です